買い物中毒で借金地獄

買い物中毒で借金地獄

会社は制服なのですが、通勤の際は私服です。
更衣室までは最初はリクルートスーツで通勤していました。
しかし、周りは皆素敵なブランド物で固めています。
初めてのお給料で私は思い切ってブランドの洋服とカバンを購入しました。

 

初めて、新しい服を着て出勤すると、会社の先輩や同僚から、洋服をきっかけに声をかけられようになりました。
嬉しくなった私は、次々洋服を買い始めました。
勿論お給料では足りません。
入社時に作っておいたクレジットカードを使い始めました。
気が付くと、限度額いっぱいまで使ってしまい、困った私は、今度は他社のクレジットカードをいくつか作りました。

 

返済日もカードの数だけやってきます。
「もう買い物は止めなくては」と思いながらも、皆が洋服を褒めてくれて、綺麗になったと言われるのが嬉しくて、どうしても止められませんでした。

 

自分の給料ではもう限界でした。
食費を削り、アパートの家賃を支払い、カードの返済をしている内に、光熱費も水道代も払えない状況になっていました。

 

私は、キャバクラで夜のアルバイトを始めました。
すると、簡単にお金が手に入るようになり、油断してしまったのです。
キャバ嬢仲間は、皆良いカバンや化粧品・アクセサリーを持っています。
ここでも、私は見栄を張ってどんどんお金を使ってしまったのです。

 

金融会社のキャッシングローンも使い、更に買い物は加速していきました。
昼はOL・夜はキャバ嬢と言う生活は2年間続きました。

 

気が付くと、返済の為にまた借金をして、更に買い物の為にまた借金。
部屋には溢れるほどのブランド物の洋服や鞄・アクセサリーで埋め尽くされていました。

 

体調を崩して、やっと我に返った私は、初めて気が付きました。
会社を辞め私は、自己破産手続きを取りました。     今は実家でアルバイトをしながら残った借金を返済しています。