パチンコで借金地獄

パチンコで借金地獄

私は、パチンコを始めるまでは、ごく普通の主婦でした。
平日は週4日ほど近くのファミリーレストランで、
でランチタイムだけのパートをしています。

 

パチンコを始めたのは、パート仲間に誘われて、シフトがお休みの時に1度だけ、
パート仲間と行ったのがきっかけです。
その時は、たまたま、1000円で当たり始めて、始まって1時間を過ぎる頃には私の席の後ろには、ドル箱が10箱以上積み重ねられていました。

 

その後、気づくと、シフトが休みの度に、パチンコ店に足を運ぶようになりました。
最初は、1万円だけお財布に入れて、それが無くなれば諦めて帰宅していましたが、その内に投資金額が増え始め、気が付けば、生活費までつぎ込んで当たりが付くまで朝から晩までパチンコを打ち続けるようになりました。

 

生活費も底をつき、主人に内緒でクレジットカードのキャッシング枠に手を付け始め、キャッシング枠もいっぱいになり、私は、いくつかの金融会社のキャッシングローンを借りて、更にパチンコを続けていました。
勝った日は、キャッシングローンに返済して、負ければ借りてと繰り返しました。
しかし、そうそう勝つことはありません。
私の借金は総額で300万円を超えていました。
毎月の支払いは7万円を超え、初めて自分で大変な事をしてしまったと気が付きました。
とてもパートで返せる額ではありません。
その時初めて泣きながら主人に訳を話して助けを求めました。
主人には本当に怒られました。
主人は、「とにかくクレジットとキャッシングローンを返済しよう」と言ってくれました。

 

主人の名義で銀行から借金をして、まずはクレジット会社と金融会社へ返済しました。
今は銀行に少しずつ返済しています。
カードは全て解約しました。
あの時は、私の中の何かが狂っていました。
もう2度とパチンコはしないと心に誓いました。