債務整理とは

債務整理とは?メリットとデメリットを踏まえて実行

借金で苦しんでいる人であれば債務整理という手続きを踏むことによって借金生活から抜け出すことが可能になります。債務整理にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、それを踏まえたうえで選択すれば借金から解放されることでしょう。

 

話し合いで借金を減額する任意整理

 

任意整理というのは裁判所を通さずに債権者と債務者との話し合いによって借金額を減らすことです。債務者本人でも行えますが、任意整理の経験が豊富にある弁護士や司法書士に交渉してもらうことによって、借金の減額交渉を有利に運ぶことができます。これから先収入があって借金を返済していきたいという人には最適な方法です。

 

住宅を手放さずに借金を減額することができる民事再生

 

民事再生というのは返済に困った時でも自宅を手放さずに生活を再建することができる債務整理の方法で、地方裁判所に申し立てを行います。住宅ローンを除いた借金総額の1/5を原則3年間で返済すればいいことになります。ただし、最低でも100万円以上の返済にはなります。借金の元本を大幅に減らせるのは大きなメリットにつながりますが、住宅ローンの減額はできない点に注意します。

 

借金をチャラにしてくれる自己破産

 

自己破産というのは一定の財産を手放すことにはなりますが、地方裁判所に破産を申し立てることによって借金をチャラにしてくれるものです。自己破産をすると財産を手放す必要がありますが、生活に最低限必要なものについては保護してくれます。

 

過払い金は戻ってくる可能性が高い

 

過払い金というのは金融機関に利息などを払いすぎたお金のことで、そのお金というのは取り戻すことができるお金です。自分一人で業者と交渉するというのは難しいと思いますので、弁護士や司法書士の力を借りて返済を求めてください。