カードローン利用の目的を見直してみる

使用目的によっては目的別ローンのほうがお得

カードローンの使途は基本的に自由

 

カードローンを利用する時お金の使い道というのは事業用以外であれば基本的に自由です。旅行のために利用するとか生活費の補てんのために利用する、友人の結婚式みたいに急きょ現金が必要になったから利用するなど自分たちで利用目的を決めて借りることができます。

 

利用目的に縛られることなく自由に使うことができるのが何よりもカードローンの特徴になります。現金が必要になる場面というのはさまざまありますので、何かあった時のために1枚カードを持っていると安心します。

 

あらかじめ使途が決まっているのであれば目的別ローンの利用を

 

あらかじめ利用使途が決まっているというのであればカードローンでなく目的別ローンの利用をお勧めします。目的別ローンの代表と言えば、住宅ローンやマイカーローン、リフォームローン、教育ローンなどがあります。住宅ローンとは住宅購入のために利用するローンでに当たり、このローンは基本的に住宅購入以外の目的で利用することはできません。目的別ローンはカードローンに比べると利用使途が決まっている分だけ金利が低いですので、目的別ローンを利用したほうがお得です。

 

借りる目的をはっきりさせる必要がある

 

カードローンにしても目的別ローンにしてもなぜお金が必要なのかということをはっきりさせたほうがいいです。特にカードローンを利用する時には何の目的のためにお金が必要になるのかをその都度問い直すことが必要です。そうしないとダラダラと使ってしまい、お金を借りる癖がついてしまいます。気づいたときには返済できなくなったということを防ぐためにも一回一回借りる目的をはっきりさせてから利用するようにします。