借金を繰り返してしまう原因

借金を繰り返してしまう人の特徴とパターン

借金を繰り返してしまう人というのがどうしてもいます。その原因としては自分のせいという側面がありますが、もしかすると周囲の人の問題という側面もあります。

 

自分の欲求が抑えられないケース

 

借金をしてしまう人の中で自分の欲求をどうしても抑えられないという人がいます。自分の欲求を満たすためにはお金がどうしても必要となるケースが多く、それを満たすためにお金を使ってしまうことがあります。自分の身の丈を知っているのであれば大抵の場合は抑えられるものですが、一度我慢を忘れてしまうとリミッターが外れてお金を使ってしまうことがあります。

 

宝くじやギャンブルに当たったり、急に収入が上がったりするなど思いのほか現金が手に入った場合も羽を伸ばした結果余計な出費をしてしまったりします。お金が入ってしまうとどうしても使ってしまうことがありますが、一時的なお金であってそれだけの収入が手に入るわけではないです。贅沢していたころが忘れられないということで生活水準を抑えられなくなり借金を重ねてしまうことがあります。

 

リストラなどで借金で収入をカバーするケース

 

リストラされたことを隠し続けた結果として借金を繰り返すということもありますが、収入が無いわけですからどうしても破綻してしまいます。こういう人は関係先に相談することをお勧めします。借金が返済できないのであれば業者に相談するのもいいでしょう。

 

周りの人がダメなケース

 

借金をしてしまう人の中には周囲に援助してくれる人がいたために、もう借金癖がついてしまうことがあります。借金癖がある人に対しては精神的なサポートにとどめるべきで、決して金銭の援助はしないということが何よりも必要です。借金の援助は本人のためにならないと認識すべきです。