自己破産とは

自己破産とは?手続きの概要と注意点

自己破産とはどういう手続きか

 

自己破産というのは裁判所に破産申立書を提出することにより借金の支払い義務を免除してもらうという手続きです。自己破産をすればすべての借金を帳消しにすることができるので、また新たにスタートを切るのに適しています。自己破産ができるのは支払い不能になった場合のみとなります。支払い不能というのは負債額や収入額、資産額などから裁判所が判断します。

 

自己破産のデメリット

 

自己破産を行うメリットというのは多大にあるわけですが、デメリットというのも中にはあります。自己破産をした場合は官報という国の広報誌に載ることになりますので、それを見ていた人であれば場合によっては一般の人が目にすることがあります。よっぽどのことが無い限り周りの人に知れ渡るということは考えにくいです。

 

一番知られているデメリットとしてはブラックリストに載るためにクレジットカードなどで買い物をしたり、現金を借りたりすることができません。ブラックリストが消える5年から7年ほどはローンを組んだりすることが難しいです。ただし、銀行の普通口座は作れますし、キャッシュカードも利用できます。

 

自己破産をした場合は1年間ほどいくつかの仕事に就けなくなる点に注意します。弁護士や司法書士、税理士、警備員、保険の外交員、古物商などの職業には就けなくなります。しかし、免責が下りるとこれらの職業にも就くことは可能になります。

 

免責されない税金や国民健康保険について

 

もしかしたら税金や国民健康保険について滞納している人もいるかもしれませんが、結果的に自己破産ができたとしてもこれらのものについては免責されません。もし滞納しているのであれば担当者に相談するようにしましょう。