審査方法について

審査には年収以外にも個人信用情報が重要

カードローンの申し込みを行う際に必ずと言ってもいいほど行われるのが審査になります。審査の材料になるのは申込者が記入した申込用紙と各種書類だけになりますので、そこからきちんと返済できそうかどうかを判断して利用限度額を決定します。

 

基本情報のチェック

 

勤務地や年収、住所と言って個人情報についてチェックされます。返済できるかどうかをチェックするするために勤務地についてはよくチェックされます。勤務地の中で一番評価が高いのは公務員で、その次に一部上場企業の正社員、その他の正社員、個人事業主や非正規雇用の順番になります。非正規雇用の人でもカードローンの審査は通りますが、利用限度額は低めになる可能性がある点に注意します。

 

個人信用情報機関のチェック

 

審査を行う際には各社が必ず参照している個人信用情報機関があります。ここには自社の情報だけでなく他社の情報も載っているので必ずチェックを行うべきものです。もし他社で自己破産などの金融事故を起こしていたのであれば、その情報が残っていれば必ずわかります。

 

金融事故などの情報だけでなく、どれだけ借り入れをしているかということについても分かります。借入履歴や現在の借入状況やその金額などが分かるようになります。借入件数や金額を少なくして申し込みを行おうとする人がいますが、それはすぐにばれるのでやめておいたほうがいいです。虚偽の記入をすると信用が失われますので、余計に審査に落ちる可能性が高くなります。

 

在籍確認のチェック

 

申込書で記載されている会社に本当に在籍しているかどうかを確認する作業があります。在籍確認において業者は自分たちの個人名で電話をかけますので、自社にばれるということは決してありません。無用な心配は不要です。