利子の有無で気をつけること

低金利で借り入れできるカードローンの特徴

カードローンを利用する時に一番気になるのは利子ではないでしょうか。利子が高ければそれだけ返済するのにお金を要することになりますので、一番気にしないといけないものになります。

 

低利子のカードローンはそれなりに魅力的

 

低利子のカードローンというのは通常のものに比べて低い利子でお金が借りられるという点で魅力的に映ります。低利子というのは利用者にとって魅力的に映ることをよく知っています。低利子のカードローンであっても通常と同様に審査が行われますが、基本的には審査の基準が厳しくなる点に注意します。

 

一般的には銀行系のカードローンは低利子に設定しているところが多いです。消費者金融系や信販・クレジット系は銀行系ほど低利子に設定しているわけではありませんが、審査については銀行系よりはそれほど厳しくない点に注目します。利子が安いからと言って聞いたことが無いような業者を利用してしまうということが無いようにしてください。

 

利子には幅がある点に注意

 

カードローンの利子を見てみると4.5%から10.0%というように幅があることが多いです。一般的に50万円未満の借入の場合は一番高い10.0%が適用され、借り入れ額が多くなるにしたがって左側の4.5%にどんどん近づいていきます。借り入れ額が多くなれば利息のちょっとした違いでも影響が大きくなります。

 

借りた日数だけ利息がかかる点に注意

 

カードローンの借入期間が長くなるほど負担するべき利息は多くなります。そのため、短期間で返済を行うことができれば負担するべき利息が少なくて済みます。ただし、短期間で返済をしようとすると一回の返済額が大きくなりますので、そことのバランスをどう取っていくかがポイントです。