返済能力の確認

自身の返済能力に合わせた利用を心掛ける

カードローンというのは業者側が返済能力があるかどうかを申込書から見極めて利用限度額を設定しています。カードローンが利用できるということは基本的に返済能力があるということを意味しています。少額の利用にとどめれば返済するのはそれほど難しくないですが、限度額近くまで利用するとなると返済するのに苦労するものです。

 

返済能力に見合った利用を心掛ける

 

カードローンを利用する時に一番重視しないといけないのは自分自身の返済能力です。確かにカードローン業者はいろいろなサービスを行っており、便利なサービスがあれば利用したほうがお得になります。しかし、どんな便利なサービスを利用したとしても自分に返済能力が無ければ返済に困るケースが出てきます。

 

返す当てがあるということで利用することが多いですが、自分にとって想定外のことが起きた場合は返済できなくなるという事態に陥ります。それではいけないので、毎月の返済が返済額が月収の30%を超えてしまうと危険水域になりますので、そこまでしっかりを計算してから利用するようにしましょう。

 

例えば30万円を下ろした場合に実際に返済をする時には金利がかかりますので、当然ながら30万円以上返済しないといけないことになります。30万円以上返済しないといけないとはいっても一度に返済をしなければいけないわけではないですが、収入が20万円しかない中で返済に6万円を超えるとなるとそれは返済するのが苦しくなるのが分かるのではないでしょうか。

 

カードローンを利用する時に今が良ければそれでいいという考え方であれば非常にまずいです。借りたお金はしっかりと返済しなければいけないので、自分自身の返済能力があるかどうかを確かめてから利用しましょう。