返済義務ついて

返済出来る分だけ借り入れするのが完済のコツ

カードローンは審査さえ通れば利用限度額内であればいつでも現金が引き出せるので、現金が必要な時に利用すればとても利用価値が高いです。消費者金融やクレジット業者だけでなく銀行も盛んに利用を勧めている状況ですので、利用者がどんどん増えています。

 

借りすぎてしまう点に注意する

 

とても便利なカードローンですが利用する上で気を付けないといけないのはつい借りすぎてしまうことです。自分の銀行口座からお金を引き出すという感覚でカードローンを利用している人が意外と多いです。そういう感覚で利用してしまうと自分のお金のつもりでどんどん利用を重ねてしまいます。場合によっては利用限度額では足らずに他の業者にも申し込もうとします。

 

借りたお金には返済義務が伴う

 

あくまでカードローンというのは自分のお金ではなく、業者からお金を借りているということです。借りた後には当然ながらお金を返済しないといけません。期日までに返済できなかったら借金を返すように催促されます。昔のように怖い取り立てが行われるわけではないですが、貸金業法に沿った形で取り立てが行われます。もし返済できないというのであれば、早めに相談することをお勧めします。

 

身の丈に合った利用を行う

 

カードローンは確かに両親の葬儀などで急きょ現金が必要になった時や、何らかの支払いをしないといけないが期日までにお金が足りない時に利用するというのが本来の形でしょう。それでも返済できるお金があって、返済能力がある人が利用するのが前提となっています。

 

自分の返済能力を超えてカードローンを利用してしまうと、返済できないという事態に陥ります。カードローンは確かに便利ですが、自分の身の丈に合った利用を行うようにしてください。